ブイズは蹴散らすもの

ポケモンのこととか色々書こうと思います

飛田新地で中卒の渋谷凛似の嬢を買った話

 久々にブログの記事を更新しようと思う。

 今回の記事は普通に当たりを引いたってだけの話なので特に面白いところはないと思う。飛田新地に行ってみたい人の参考になれば程度の内容。

 また、特に書く内容がなかったため、プレイ内容を濃い目に記載したので若干気持ち悪い表現が含まれてると思うが、それでも良ければ読んでもらえるとありがたい。

 

 数か月前に家庭の事情で県外の地元に戻ってしまった元同僚から突然「大阪で飲まない?」と連絡が来たので大阪に行くことに決めた僕。

 この元同僚、既婚者で今年2歳になる子供がいるにも関わらずかなり風俗に通っており、1年ぶりに再会した際に最初に言った言葉が「なぁなぁ〇〇、花びら大回転って行ったことある?」である。

 このアホと会うということは当然風俗に行くことはほぼほぼ確定している。

 とりあえず梅田で再会し、串カツ食って酒飲んでそのまま飛田新地に向かうことにした。

 正直風俗に行く気があまり起こらなかったが付き合いみたいなもんなのでしょうがなく飛田新地にタクシーで向かうアホと豚。

 タクシー内でアホがハプニングバーについて聞き続け恥をかきつつ目的地に到着。

 終了後の待ち合わせ場所をいつものトイレ前に設定し、一時解散し女の子を物色することにした。

 飛田新地は、気に入った女の子を見つけた場合、すぐに店に入らないと他のオスに取られてしまうことがある、ある意味弱肉強食の世界となっている。

 しかし困ったことにビビッと来る女の子がなかなか見つからない。

 30分以上歩き続け、巫女のコスプレをした女性を発見。

 黒色長髪で胸は控えめ、顔も整っておりすっきりとした美人さん。上手い例えが浮かばないが3次元版渋谷凛と思ってほしい。正直かなり似てると思う。

 一旦離れたが、すぐに引き返しその女の子(以後、凛ちゃんと記す。)にすることに決定。

 おばさんと軽く話をした後部屋に案内される24歳素人童貞

 部屋に入り時間を聞かれたため30分と宣言し、出されたお茶を飲み一服しながら凛ちゃんが準備できるのを待つことに。

 凛ちゃんが部屋に戻り、早速全裸になるよう指示される。

 だがここで非常に困ることが発生。そう、30分以上夏の夜の道を歩いていたため汗を大量にかいてしまっているのである。

 「あの…。実は結構歩いてたので汗かいてるんで結構汗臭いと思います…。すいません…。」と謝罪する漏れ。陰キャ特有のキモい話し方だったと思う。許せサスケ。

 ところが凛ちゃん、流石場数を踏んだプロである。

 俺臭い発言に対し「ん?別に気にしませんよ?むしろ興奮しちゃうっていうか…w」とアイドルスマイルで返答してくれたのだ。

 心では絶対「は?店入ってきたときから臭かったわ豚が死ねやカス。」とか思ってそうだったけど表情に一切出さない上に素晴らしいフォローを入れてくれるそのプロ精神と優しさに思わず泣きそうになってしまった。

 双方全裸になり早速試合開始と思ったところ、凛ちゃんが突然添い寝しだし「ねえ…私の粗末なもので良ければ揉んでほしいなぁ…。」と上目遣いで頼んできたのだ。

 これには巨乳派の豚も思わず興奮、渋谷凛の美乳を優しくもみもみ。

 もみもみしてると凛ちゃんが俺の方に顔を近づけてきて、そのままキスしてくれた。

 基本的にキス禁止の飛田新地で、自発的に俺みたいなブサイク陰キャにもキスをしてくれる女の子は基本的にサービスレベルはかなり高い。

 飛田新地では、顔は可愛いがサービスが全くダメな女もいるので、今回はかなりの当たりを引けたんじゃないかと思う。

 お互いに濃厚なキスをした後は他の店と特に変わらず、慣れた手つきで乳首舐め→軽い手コキ→ゴムフェラの流れでちんこを刺激していく渋谷凛

 よくある援交やソープものの同人誌をリアルに再現してる気になって大満足。

 そしていよいよ挿入。騎乗位→バック→正常位の順で楽しみ、最後はキスしながら膣内でフィニッシュ。最高である。

 少し時間が余ったのでお互い服を着て話をしていたところ、凛ちゃんが「私、中卒なんでめっちゃ頭悪いんですよぉ~。」と突然発言してきたため、正直反応に困る高卒素人童貞

 俺も頭悪い高校出て働いてる高卒だから大して変わんないよwとフォローになってるのかなってないのかよくわからない返答をし、また話を再開。

 話をしていく中で、凛ちゃんはカッコいい感じの美人さんなので、昔の友人の女の子や飛田で働いてる女の子に告白されることが多々あるらしい。

 自分が百合豚だったら「あら^~」とか考えるんだろうけどあいにくレズはNGなので興奮することはできなかった。

 また、凛ちゃんが「みんな信じてくれないんですけど、私実は6年以上彼氏いないんですよ。私自身レズじゃないんで彼氏欲しいんですけどね~…。」と唐突に言ってきので、ちょっと対抗心を燃やし「は?俺なんかこの世に生を受けていままで彼女できたことないんだが?」と言おうと思ったが、なんだか無性に悲しくなってきたので「ええ!?そうなの?めっちゃ可愛いから普通にいるもんだと思ってたよ~。」と無難に答えることにし、時間切れ。

 帰る前に凛ちゃんが「今日はありがと!また来てね!」といいキスしてくれてクッソニヤニヤする俺。相当気持ち悪いと思った。

 今回引いた渋谷凛ちゃんは同い年で話しやすくて個人的に大満足だった。

 来月職場の旅行で大阪に行くのでそのときにも会えたら渋谷凛ちゃんのところに行こうかなとか思ってる。店名覚えてないけど。

仮面の女とセックスした話

f:id:kaomoji000:20170817000847j:plain

※まこまこはTwitterの定期ツイート用

 

 暇なので今回は豪華二本立てでブイズは蹴散らすものをお送りしようと思う。

 次の記事は、福原でソープに行った時のお話。

 

 1か月前、職場の旅行で兵庫県にお邪魔した僕。

 兵庫でミラクルジャグラー打って酒飲んで一時解散となった。

 解散後、後輩2人と風俗に行くことになった。

 近場であったことから福原のソープ街を歩くことにした。

 福原を歩いてわかったことは、この町は基本的にコスプレ系のソープばかりであるということ。

 秋葉で数年前にコスプレ系ソープに行ったことしかなく、下調べをしていなかった我々風俗三銃士は店舗選びにかなり苦労した。

 「猫耳どうっすか?」「猫耳って地雷臭やばくね?」「学園ものもあるなぁ…。」とか話しながら歩いていたところ「仮面の館」という店舗を発見。

 見たところ、セーラームーンのタキシード仮面がつけてる仮面をつけた女の子が出てくるところのようだ。

 熟女の店とのことで30歳以上しかいないとのことだったが、守備範囲が広い三銃士にはなんのダメージもなし。

 早速店舗に入り嬢選びを行い待機。

 最初に俺が呼ばれたため、暖簾をくぐって嬢と対面したところ、確かに仮面をかぶっている。

 これオモロwと思いながら部屋に案内される子豚ちゃん。

 部屋に入り、仮面を取った嬢と話をしてそのままプレイ。

 流石熟女、かなり上手い。

 すべてのプレイがかなりの高レベルで速攻勃起させてしまうキモオタデブ。

 そのままゴムつけて挿入して秒でフィニッシュ。

 その後お互い煙草を吸いながら話をしていたところ、この嬢は人と話をするのが大好きらしく(自分で言ってた)俺の地元で昔働いてたこともあり、かなり話が盛り上がった。

 しばらくすると、嬢が俺に「ねえ。仮面つけてみる?」と聞いてきた。

 仮面目当てで来店した俺からすれば願ってもない申し出だ。

 「マジっすか。つけさせてください。」とお願いし仮面を装着。

 気分はタキシード仮面だ。(あんまりセーラームーン知らない)

 仮面つけて遊んでたら、嬢が続けて「写真撮ってあげるよ!これ持ちな!」って言いながらローションを手渡してきた。

 酒の勢いもあり超ハイテンションな俺。

 大喜びで風呂場に向かい写真撮影をしてもらった。

 その写真がこれだ。↓

f:id:kaomoji000:20170817000812j:plain

 見てほしい。最高にcoolだと自分でも思う。

 風俗記事を書いている人はいっぱいいるが、ソープの店内で写真撮影した人は恐らく俺1人だろう。

 俺が起源なので、写真撮影をした後ブログを書く人は俺に使用料金を支払ってから掲載するようにしてほしい。

 ちなみにスケベ椅子は、写真撮る前に嬢が足で蹴っ飛ばしていい位置においてくれた。こいつプロカメラガールか?

 本当はパンツ1枚で写真を撮るよう言われたが、プヨプヨお腹を晒すわけにはいかないので服を着たままでの撮影となった。

 ちなみに、写真を撮っていった人はこれまでにもいっぱい居たらしいが、ローションを手にもって写真撮影したのは俺が初めてらしい。

 その後は時間まで楽しく話をして店を出た後、後輩と感想を言い合いながらラーメン食って宿泊先のホテルに帰還したのであった。

デリヘルで妊婦を呼んだときの話

 最近ぱちもじにずっといるのであまり本垢の方は見ていなかったが、風俗記事を見かけることがないなぁ。と思ったので記事を更新させてもらう。

 大した話じゃないので、適当に流し読みしてもらえると幸いである。

 

 数日前、パチンコでやられて帰宅し自室でドラクエをやっていたところ、急にムラムラきてしまい、ドラクエの作業が手につかなくなってしまったため、久々にデリヘルを呼ぼうと決意した僕。

 どこにしようかな~と携帯電話でサイトめぐりをしていたところ、とある店舗さんのサイトで「業界完全素人!妊婦の〇〇ちゃん期間限定入店!」という書き込みを発見した。

 これまで妊婦を呼べる風俗なんぞ体験したことがない。

 怖いもの見たさで店に電話したところ、ちょうど予約がキャンセルされたため、その女の子を呼ぶことができるとのことだった。

 エロ同人誌みたいに人妻とセックスするのって興奮するものなのか試してみようと決意し、即決でその女の子を指名しホテルまで向かう僕。

 ホテルに入り店に電話して部屋番号を伝え歯磨きしていたところ、インターホンが鳴った。

 「えっ?早すぎじゃね?」と思いながら速攻で口をゆすぎ女の子を出迎える。

 顔は中の中くらいで「ん~…微妙。」という感想。

 室内で軽く世間話をした後代金を支払い、シャワーに向かうことに。

 服を脱いだところ、パンパンに膨れた腹が顔を出す。

 お腹おっきいっすね~w半笑いで言ったところ「そうなんですよ。お店入ってまだ1か月経ってないんですけど急に大きくなってきちゃって。今8か月なんです。」と返事が返ってきた。

 膨れた腹見て興奮するのかなと思っていたが、全くおちんぽ様は反応せず。寧ろ普通の裸体の方が反応するレベルだ。

 (デブの俺の腹と違って肉が垂れてないんだなぁ。んー、生命の神秘!w)とか訳の分からないことを脳内で述べつつ浴室に入る豚と妊婦。

 豚の洗浄を終えて先に浴室から出される漏れ。

 慣れた手つきで腰にバスタオルを巻きベッドで座りぼーっとすること約3分、妊婦がバスタオルを体に巻いて登場。

 じゃあ始めますか!ってことでベッドに入ることになる。

 そのままフェラを始めた妊婦。下手くそってわけでもないけど上手くもねえなとか偉そうなことを考える素人童貞の漏れ。

 ケツが若干自分の方に向いていたため、しゃぶられ続けるのも暇だから膣に指突っ込んで適当に出し入れすることにした。

 数分まんこで遊んでいたら濡れてきたので入れていいか聞いたところ、OKとのことだったため、挿入することにした。

 ゴムつけんのかなぁとか思ってたら、何も言わずバックの体制になったので、特に何も言わず生挿入。

 妊娠してるからか知らんけどクッソガバガバで困惑する豚。

 妊婦と正常位したら腹ってどうなるのか気になって仕方なかったが、やっぱ正常位したら負担かかるのかなとか色々考察しながら腰を振っていたところ遂に射精しそうになった。

 中で出していい?と聞いたところ、無言で頷いたのでそのままフィニッシュ。

 他人の嫁に中出しするのはとても興奮する。そら浮気ってなくならねえわ。とか思いながら、ボーっとして、そろそろシャワーかなとか思って嬢の言葉を待つも、反応なし。

 息切れして疲れてる様子だったので頭撫でながら添い寝して回復するのを待つことに。

 他人の嫁に中出しして頭撫でながら添い寝する汚いおじさんってこれ完全にNTRものの同人誌じゃん。俺完璧な竿役だな。とか考えながらしばらくし嬢が回復したためシャワーに向かい、体洗って服着て時間まで世間話。

 ガイジということで有名なkaomoji000であるが、妊婦の前で煙草を吸うのは流石にNG。

 煙草を吸わないまま時間経過を待ち先に嬢を退室させて一服してから部屋を出たのであった。

 

 妊婦とセックスする機会なんて人生に何回あるかわからんけど貴重な経験ができたのでブログの記事にしておく。

 今回の件で疑問に思ったことは、妊娠するとガバマンになってしまうのか、それとも元々ガバマンだったのかということだ。

 この記事を読んでくれた読者の中に妊娠経験アリの方がいたら、@kaomoji000 か@pachimoji000 にリプを送って教えてほしい。

 あと、調子に乗ってデリヘルで生本番するのは極力やめよう。この記事を書きながら私は今性病の恐怖と戦っているのだ。

 ちなみに今までに1度も性病にかかったことはない。風俗、甘いねぇ。

第1回ぱちもじJOURNEY 参加希望者用記事

 明後日6/23と6/24は第1回ぱちもじJOURNEYです。

 日程は6/23は飲み会からスタートでオール飲み、6/24は都内のホールで実践予定となっています。

 実践ホールの詳細は前日か当日にTwitterの「あごもじオフ公式」アカウントに連絡していただければお伝えします。

 6/23の集合場所は秋葉原もしくは上野の予定で、抜きにいくかどうかはその場で決めましょう。

 飲み屋は決まっておらず、あごさんがある程度店をピックアップし参加者がある程度集まった後、店を回って空き状況を確認する予定です。

 あごさんの仕事の都合上、飲み開始が若干遅くなると思われるのであらかじめご了承ください。

彼女の作り方

f:id:kaomoji000:20170503182020j:plain

 そもそも彼女できたことないし合コンでLINEの交換拒否された漏れにイキりオタクのような上から目線のブログ記事を書くことは出来なかった…。

 

 というわけでいつもの風俗記事。

 先月香川県の風俗街「城東町」に行った時のお話。

 夜勤明けで帰る支度してるときに後輩から「〇〇さん!香川の風俗行きたくないっすか?」って突然声をかけられる漏れ。

 香川県には城東町という四国ではかなり有名な風俗街がある。

 この城東町には、若干ゃ高額なソープが多数存在し、どの店舗もかなりレベルが高いことで評判なのである。

 前々から一度行ってみたいと思いつつ行けずにいたため、後輩に「あ~。行ったことないから行ってみたいかな。」と答えたところ「じゃあ今日行きましょう!風呂入って支度してから行くんで1時に車で家まで迎えに行きますんで!」と元気な返事が返ってきた。

 今日行くとは思っていなかったので(えぇ…。)と若干困惑しつつこのチャンスを活かすしかないと思い、了解。と答え昼飯を後輩数名と食いに行きそのまま帰宅。

 風呂に入り私服に着替えていたところ、ちょうどいいタイミングで後輩が迎えにきたため、後輩の車に乗車し香川県に向けて出発。

 車内で話をしていたところ、後輩はソープではなく行きつけのヘルスがあるのでそこに向かうとのこと。個人的にヘルスはあまり好きじゃないのでここはソープ一択と判断しソープに狙いを絞り店舗を選ぶことにした。

 Twitter香川県在住のパチンカスフォロワーから送られてきたDMによれば、城東町の有名店舗は「ラオウ」と「ドMなバニーちゃん」という2店舗らしい。

 ラオウは私自身名前は知っている店舗であり、城東町No.1の優良店さんらしい。その分若干値段は高額となっているが、その分満足度も高いとのこと。

 対しドMなバニーちゃんは、値段は一般的なソープと変わらないが嬢がバニーのコスプレをしており、顔についてもなかなか可愛いとのこと。

 どちらの店に行くか結構悩んだが、どうせここまで来たんだから1番を体験したいと思いラオウに行くことを決意。

 そんなこんなで城東町にたどり着いた我々アホ2人。

 後輩は降車するとともに「じゃあ僕予約の時間結構近いんで走っていってきます!終わったら車集合で!」といい店に向かって全力疾走してしまった。

 あいつ元気だなぁ…。と思いつつゆっくり歩きながらラオウを探すこと約5分。店舗を発見したため迷うことなく即入店を決めて優勝する漏れ。

 ボーイと話をしたところ、今いる女の子は1人だが、店でもかなり人気な女の子なのでお兄さん運がいいですよ!とのことだったため写真を確認。

f:id:kaomoji000:20170503184534j:plain

 めっちゃ可愛いやん…。

 ということで二つ返事でOKと答え代金(60分33000円)を支払い誓約書を書かされる。

 (本名書くの嫌だなぁ…。)と思ってぁたしの苗字とあごの名前を足して作った偽名でサインを行い待合室で待機する僕。

 パネルマジックしてたらぶっ殺すと思いながら待つこと約10分、ボーイに声をかけられ案内され、らせん階段を上ったところ、写真そのものの女の子が目の前に立っていた。

 (当たりや…久々の当たりや…。)と感動しつつ女の子に手を引かれ部屋に行く僕。

 しばらく部屋で軽く雑談した後お風呂に入ることに。

 スケベ椅子に着座し、スケベな洗い方を堪能した後湯船につかり、ベッドとマットどっちがいい?って聞かれ、ベッドと答えベッドに向かう美女とクソデブオタクメガネ。完全にNTR系の同人誌みたいな構図であったがそこは気にしたら負け。

 女の子に乳首攻めからの生フェラで優勝し、そのままゴムをつけて挿入。

 正常位とバックを行って無事射精。めっちゃ締まりええやん…。とか思いながら掃除してもらった後再びお風呂に入り身体を洗い流す。

 その後、服に着替え煙草を吸いつつ軽く話を行って退店。後輩のもとに向かい車内に乗り込んだ後、香川県で有名な一鶴という店に向かい鶏肉を食いつつ互いに感想を言い合いながら大満足で帰宅。

 また給料が入ったら行ってみたいなぁと思いながら就寝するのであった。

あごもじオフ~相思相殺~開催告知

 もう何回目になるのかあんまり覚えてないので回数は書きませんが今年もあごもじオフの季節となりました。

 日程は8/27~8/30(恐らく本格的なのは8/28)

 我々あごもじオフの運営指針はいつもと変わりません。

 「金!暴力!SEX!」です。

 人間の欲望を最大限まで引き出し、参加者の人生を変えることができるような運営を目指し主催、副主催が協力して運営していきたいと思います。(思うだけ)

 今回の内容も例年と特に変わりません。

・朝一パチ屋に並び参加者全員が協力しながらパチンコ・スロットで金を稼ぐ

・居酒屋で打ち上げを実施

・風俗で3次会

です。

 このオフで大事なことは朝一で、ここの結果次第では参加費0どころか+になる可能性も十分にあります。

 成人した大人が集まって暑苦しい部屋でポケモンをピコピコ遊ぶオフより楽しいと思いますよ。

 また、毎年参加してくれている常連の皆さんはギャンブルの知識が豊富で、台選びや打ち方、金の稼ぎ方もレクチャーしてくれるという初心者にもやさしいオフ会です。

 ポケモンオフで見かける参加者が暇をして机で寝るなんてことは絶対にさせません。

 あごもじオフは朝から晩まで楽しめる素晴らしいオフ会です。

 そして、今回の3次会の実践風俗店ですが、

トップページ|【ミルク】錦糸町 巨乳&美乳 おっぱい専門イメクラ

honecolle.jp

このどちらかの店舗でいきたいと思います。

 どちらにするかはその場その場の状況で決めて行きます。

 今回の参加費ですが、6万円とさせていただきます。

 参加費と言っても僕やAGに支払うわけではなく、この日程を過ごすには大体これくらい必要だろうなという目安の金額ですので、この額は午前中の結果次第で大きく変動します。

 

 毎年このオフ会を楽しみにしてくれる人や来年こそは参加したいと言ってくれる人を多数見かけて僕としてもうれしく思っています。

 例年通り大暴れしていこうと思うのでみなさん一緒に楽しんでいきましょう!

俺が風俗嬢に処女を奪われた話

 シャドバがメンテで暇なので久々にブログを更新しようと思う。

 初めに書いておくが、かなり汚い内容なので、不快になりそうな人は見ないことをおすすめしておく。

 

 

 以前伊賀鍔隠れの里に出張したときの話だが、仕事を終え、昼から休みをもらった俺はムラムラしていたので昼間から風俗に行くことにした。

 このとき俺は、伊賀の里でピンサロに一度行っており、そこそこ高い金を出して出てきたのが東山奈央だったという失態を犯していたため、今回は外れを引かないために店選びをかなり慎重に行った。

 そして俺は、Kカップの元AV女優が務めているソープを発見した。

 これまでで最高のカップ数がJだったのだが、その1つ上のランク「Kカップ」を体験できると思うと心が躍った。

 しかし、Kカップといえばクソデブの可能性が極めて高い。

 そこで風俗選びに必ず行う「写メ日記確認」を行ったところ、顔が加工なしでとても可愛いのだ。

 店の写真も痩せており、爆乳がとても強調されていた。

 「これは当たりだ。」と確信した俺は、さっそく店に電話し予約の電話を入れたところ3時間待ちだという答えが返ってきた。

 流石はKカップで元AV女優、人気があるのも仕方がないし、逆にこの人気がさらなる期待感を生んだ。

 俺は3時間後にぁたしの本名で予約をいれ、それまでの間、高設定っぽいジャグラーをひたすら回し続け12000円稼ぐことに成功した。

 3時間後、近くにいたお兄さんに台をあげソープに向かう俺。その顔は自信に満ち溢れていたと思う。

 店に行き予約していた名前を伝え、そわそわしながら待機してたところ、遂にそのときは来た。

 ボーイに呼ばれ、わくわくしながら暖簾をくぐると、そこには「顔がとても可愛いクソデブ」がいた。

 あまりの絶望感にその場で卒倒しそうになったが、グッと足に力を入れなんとか持ちこたえた。

 豚に手をにぎにぎされながら部屋に向かうデブの俺。あまりにも汚い絵面だったと思う。

 部屋に入ると豚がベッドにいきなり横たわり、なれなれしく「ねぇ…なんでユキちゃん(自分の源氏名。なんて名前か忘れたので適当に書く)のところにもっと早く来てくれなかったの?」とか言い出して「こいつ殴り殺してやろうか。」と思いながら適当に答えていると、いきなりプレイが始まった。

 なんやかんやされて、気合いで愚息を起たせ、無理やりクンニさせられて血管裂けそうになりながらも挿入し射精した。

 「俺とデブのセックスってこれもうただの豚の交尾じゃねーか…。」と思いながら腰を振っていた辺りあのときの自分は、なかなかに精神的にきてたと思う。

 「もう一回大きくさせてみてよ。まだまだできるでしょ?」とか言いだす豚に殺意を抱きながら「早く時間経たねえかなぁ。」と思っていたところ、豚が急に「マットしてみる?」と提案してきた。

 ソープには何度か行ったことあるのだが、マットはやったことがなかったので「やるやる!」と元気よく返事をしマットをすることになった。

 ローションでぬるぬるのマットでつるつる滑るのが面白すぎて「ウオッホwwwwww」とか言いながらはしゃいでいたら、豚が突然俺のアナルにローションをつけだした。

 「ちょ、ちょっと待って!そこはダメだろ!」と言いながら抵抗するもこれを無視され、俺の処女は豚の指によって奪われてしまった。

 「結構痛いものだと思っていたが案外これが痛くない。でも気持ちよくもない。なんなんだこれは…。」と不思議な感情を抱きつつ、風呂に備え付けられている鏡をなんとなく覗いてみたところ、そこには、豚に指でケツの穴をほじくられる自分の姿があった。

 あまりにもシュールな光景に笑いをこらえきれず、ケツの穴をほじくられながら大爆笑してしまう俺。はたから見ると、ただの基地外にしか見えないんだろうと思う。

 結局勃起することもなく時間切れで終了。

 あれだけ不快だった豚に対し、最後は笑顔で「ありがとう。めちゃくちゃ面白かった。」といい店を出た。

 その後、旅館で風呂に入ったところ、自分のケツがひりひりと痛んで辛い思いをさせられてしまった。

 

 

 アナル開発に興味があるドMがこの記事を読んでいたら一度試してみてほしい。俺は二度とやりたくない。

 そして俺の処女を返してほしい。