ブイズは蹴散らすもの

ポケモンのこととか色々書こうと思います

ヘライースと僕

 

f:id:kaomoji000:20140519132248j:plain

進化前のヘライースと遊園地デートしたい。

最初はあまり乗り気じゃなかったが、いざ遊園地につくと笑顔ではしゃぎだすヘライースを見て微笑みたい。

「ねえかおもじ!次はあれに乗ろう!」って笑顔で俺の手をひっぱるヘライースに向かって「そんなに慌てなくても大丈夫だって!」って優しく微笑みながら答えてあげたい。

メリーゴーランドに乗りながら「かおもじ~!見てる~?」って笑顔で手を振ってくるヘライースを写真で撮りたい。

夕日が出てきたころに一緒に観覧車に乗ってちょっといい雰囲気になってお互いの気持ちを再確認しながらイチャイチャしたい。

このときちょっと恥らってるヘライースをからかいたい。

 

ヘライースを進化させてあげたい。

進化した後なんだか雰囲気が変わってしまったヘライースを心配したい。

「最近様子が変だけどどうしたの?」ってヘライースに声をかけてあげたい。

苦しそうな顔をした後、僕に向かって「進化して目つきも悪くなっちゃったし、あんまり可愛くなくなっちゃったからあなたに嫌われると思っちゃって…。そ、そしたらなんだか悲しくなってきちゃって…。うっ…うええええええん!!!!!!!」って急に泣き出すヘライースを見てびっくりした後微笑みながら抱きしめてあげたい。

「嫌いにならないで。」と僕の胸で泣き叫ぶヘライースの頭を優しくなでながら「馬鹿だなぁ。進化してもイースイースだよ。俺がお前のことを嫌うなんてあるわけないだろ。」って優しくささやいてあげたい。

そして泣きやんだヘライースのやわらかい唇に甘く優しいキスをしたい。

f:id:kaomoji000:20140519133735j:plain

そんな妄想をしながら今日も僕は魔法石を買い続ける。

大切な彼女と共に強くなるために。